忍者ブログ
暇人大学生が綴る坂道をめぐるブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/20 (Fri)
物語の筋に沿って紹介していきましょう。
・・・とはいってもまだ完全制覇したわけではありませんが・・・
最初は長崎です。
記念すべき一巻目の3~5章に出てきます「出逢い坂」ですね。

え~結論から言ってしまいましょう。


この坂は実在しません


坂の名前云々ではなく、実際にこのような場所はありません。
私が坂道を探す際にはとりあえず坂物語りの本文と挿絵、そして漫画版を参考にしています。

さて、そうなると今回の場合出逢い坂は「バスが通れる(通っている)ような道路である」「坂の途中に公会堂前のバス停がある」「坂の上には県立図書館」「坂からは海が望める」etc・・・ということが本文から読み取れます。

しかしながら、公会堂、県立図書館P9050316.JPG(↓)は街中にありますので見晴らしの良い坂とは無縁状態です。








これで作中にある「出逢い坂」がそのまんまでは存在しないことになります。


では、似たような坂は無いか・・・?となるのですが実はこれも微妙なのです。

バスが通るような坂道でなおかつ県立図書館の近く・・・となった場合↓の坂が最有力候補です。

見晴らし、雰囲気などはもうそのまんまです。・・・海が見えないこと以外は。



P3220807.JPG









ここの坂は内陸に面しているので海が見えないんですね~(汗
海さえ見えればもう間違いなくココッ!だったのですが・・・先端がカーブしているところなんかまさに・・・ね。
小説を持っている肩は見比べてみてくださいな♪

で、結局この道を数時間かけてあるきましたが、結局海が見えて同じような雰囲気のところはありませんでした。
P3220830.JPG








海が見えてもこれでは全然違いますからね。

あとそうなると背景なのですが、挿絵と似たような対岸の角度や下に広がるビルなどを統合すると

P3220844.JPG







ここからの景色になります。長崎市内の公園です。龍馬像のあるちかくの所ですね。


で、結論なのですが、出逢い坂とは上記二箇所を合成した坂道なのじゃないかな?・・・と。
以下私の考えですが出逢い坂という名前、もしくは坂物語の長崎でのお話についてですが、もしかしたらはじめは全然違ったものだったのかもしれません。

実は上の坂道は長崎東高校の通学路なんです。
実際私が訪れた際にもチャリで猛スピードで坂を下っていく高校生が見られました。・・・のぼりは大変そうでしたがw8c11ea66.JPG








東高校は長崎を舞台にした漫画や映画の舞台になっている高校で、なるほど山の上にあるだけあって見晴らしが最高です。
だからもしかしたら最初は高校を舞台にした話だったのかなぁ~とか現地で考えていました。
本当のところは知りませんけどね。

質問、詳細が知りたい方がいらっしゃいましたらコメントしてください。お答えできると思います。



☆おまけ☆

波平小学校(作中では浪平)のプール坂です。こちらは実在しています。

P9050345.JPG







この坂を登った右手にプールがありました。
PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]